嶽本野ばら『それいぬ』
600694efbbb68326c68fd5ae 600694efbbb68326c68fd5ae

嶽本野ばら『それいぬ』

残り3点

¥1,650 税込

送料についてはこちら

1992年~1997年まで約6年、嶽本野ばらがフリーペーパー『花形文化通信』に連載していたエッセイを単行本化! 「切なさに就いて」「弥生美術館」「幾何学のミッフィー」「愛は出し惜しみして使う」等68篇を詰め込んだ読み応えある一冊です。 〜著者紹介〜 嶽本野ばら 京都府宇治市生まれ。1998年に初のエッセイ集『それいぬ――正しい乙女になるために』でデビュー。2000年に初の小説集『ミシン』を刊行して以降、少女文化やストリートカルチャーを原点にした独特の世界観で支持を集める。主著に三島由紀夫賞候補作となった『エミリー』『ロリヰタ。』の他、『鱗姫』『カフェー小品集』『下妻物語』などがある。 【仕様】 発売日:1998/05/15 判型:四六判 ISBN 978-4-336-04071-8 ページ数:130 頁